Google



2006年10月12日

ブリティッシュコロンビア州

以下、日本語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「ブリティッシュコロンビア州」と英語版フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「British Columbia」の引用です。

------------

ブリティッシュコロンビア州
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%A2%E5%B7%9E
最終更新 04:03, 2006年10月10日 (火)。 Text is available under GNU

カナダ > ブリティッシュコロンビア州

British Columbia
ブリティッシュ・コロンビア州

州のモットー: "Splendor Sine Occasu (Splendour without diminishment)



州都 ビクトリア
最大の都市 バンクーバー
面積
-全面積
-陸上面積
-水域面積
-水域面積割合 カナダで5番目の大きさ

944,735 km2
925,186 km2
19,549 km2
2.1%

人口
- 2004年度
- 人口密度 カナダで3番

4,168,123人
4.34 /km2

カナダ連邦への加入
- 順番
- 加入年月日

7番目
1871年7月20日

時間帯 UTCより-7時間・-8時間/(夏時間期は-8時間・-9時間)


略称(ISO 3166-2): CA-BC

副総督(Lieutenant Governor) イオナ・カンパニョーロ(Iona Campagnolo)
首相 ゴードン・キャンベル(Gordon Campbell:BC自由党)
州政府ウェブサイト www.gov.bc.ca
ブリティッシュ・コロンビア州(英:British Columbia)は、カナダの州の一つ。太平洋に面したカナダ最西部に位置する。略してBCまたはBC州とも呼ばれる。

北米大陸から海峡を隔てて西にあるバンクーバー島に州都ビクトリアがあるが、最大の都市は大陸本土のバンクーバーである。

東はアルバータ州、北はユーコン準州、ノースウェスト準州と接し、南は国境を隔ててアメリカのワシントン州と接する。

内陸部は手付かずの自然が残されているとして観光産業も盛んであり、ウィスラーなどのリゾート地も有名である。

目次 [非表示]
1 歴史
1.1 連邦に加盟するまで
1.2 自治領への加盟
1.3 その後の歴史的出来事
2 地理
2.1 エリア別
3 都市
4 政治
5 教育
5.1 大学
5.2 スポーツチーム
6 交通
6.1 州内の空港
6.2 鉄道
7 外部リンク



[編集]
歴史
主要記事:History of British Columbia
[編集]
連邦に加盟するまで
ブリティッシュ・コロンビアは先住民族のたくさん住む地域であった。キャリア(Carrier)族、チルコーティン族(Chilcotin)、ハイダ(Haida)族、リルエット(Lillooet)族、スクワミッシュ(Squamish)族、タギシュ(Tagish)族、トリンギット(Tlingit)族など、30以上の言語を話す多くの民族が居住していたと言われる。食料や木材、鉱物など天然資源が豊富であったため、ブリティッシュ・コロンビアの太平洋岸では社会が発達し、特にハイダ芸術のような芸術や政治の分野が発展した。

18世紀の中頃からヨーロッパからの探検家が主にラッコ毛皮貿易のために訪れるようになった。1778年、ジェームズ・クック船長が欧州から北極海経由でアジアへ向かう北西航路を発見しようとこの地域へ到達し、ヌートカ・サウンド(Nootka Sound)に到着。その後イギリス人の入植へと続くが、1513年以来スペインの太平洋岸支配宣言が続いており、イギリスとスペインがヌートカ・サウンドを巡り交戦。その後1794年にヌートカ条約(Nootka Convention)が結ばれ、オレゴンから現在のブリティッシュ・コロンビア入植地の太平洋岸はイギリスに属することとなる。

その後は欧州との交易や開拓が進んだ。「北西会社」(Northwest Company)の3人のイギリス人、欧州人として初めて北米大陸を横断し太平洋に達したアレクサンダー・マッケンジー(Alexander Mackenzie)、この地域にいくつかの砦を建設したサイモン・フレーザー(Simon Fraser)、デイビッド・トンプソン(David Thompson)などの探検家達が太平洋に注ぎ込むコロンビア川の河口を探索した。「ハドソン湾会社」(Hudson's Bay Company)がその後この地域を管理下におき、ビクトリア砦(Fort Victoria、現在のビクトリア)もその会社の業務を保護するために1843年に建設された。この当時、アメリカ合衆国の「マニフェスト・デスティニー(明白なる天意、Manifest Destiny)」---アメリカの領土拡張主義---が最も実際の脅威として考えられた。1846年にオレゴン条約(Oregon Treaty)が調印され、ロッキー山脈以西の北米英領とアメリカ領の国境を北緯49度と定めた。

[編集]
自治領への加盟
バンクーバー島は1849年、本土側は1858年にそれぞれイギリスの植民地となる。両者は1866年、ブリティッシュ・コロンビア植民地として統合される。1871年、「カナダ自治領」(Dominion of Canada)に加入しブリティッシュ・コロンビア州となる。1858年にフレーザー川下流岸に金鉱が発見され、ゴールドラッシュが始まった。ビクトリアも金を求める人であふれ、道路網の整備などが進んだ。その後の行政の失敗で発生した大きな負債を自治領政府が負担する形で、バンクーバー島植民地と本土側が統合し、自治領に加入することとなった。またその際、自治領政府はモントリオールからの大陸横断鉄道を敷設することを公約とした。

[編集]
その後の歴史的出来事
カナダ太平洋鉄道(CPR)の大陸横断鉄道が完成し、バンクーバー港と直結してからは、バンクーバーは太平洋岸での主要な都市となり、カナダの豊かな天然資源や工業製品の輸出基地となって現在まで発展した。

20世紀に入ってから、多くの移民が世界各国からやってきた。この時点ではまだ人種差別も激しく、様々な人種差別事件が起こった。また、イギリス領として開拓してきた頃の無謀で不誠実、時には暴力による、先住民族との交渉の過程を鑑みて、先住民族との差別問題では現在でも論争が続いている。ブリティッシュ・コロンビア州はその後も地勢学的な関係からもアジアとの結びつきが強く、日本を含むアジアからの移民を多く受け入れていることもあり、アジア経済に後押しされての経済発展が続いている。また日本をはじめとする国からの観光客も多く、観光産業が発展している。

[編集]
地理
主要記事:Geography of British Columbia
州の森林面積6000万ヘクタール(総面積の3分の2に相当)。多様性に富んだ自然を持ち、生態系が非常に豊か。

[編集]
エリア別
BC州は以下、大きく6つのエリアに分かれている。

バンクーバー、コースト&マウンテン (Vancouver, Coast & Mountains)
バンクーバーアイランド、 ビクトリア&ガルフ諸島 (Vancouver Island, Victoria and the Gulf Islands)
トンプソン・オカナガン (Thompson Okanagan)
クートニー・ロッキーズ (Kootenay Rockies)
カリブー・チルコーティン・コースト (Cariboo Chilcotin Coast)
ノーザン・ブリティッシュ・コロンビア (Northern British Columbia)
[編集]
都市
ビクトリア(Victoria)
バンクーバー(Vancouver)
ウィスラー(Whistler)
カムループス (Kamloops)
ケロウナ (Kelowna)
ネルソン(Nelson)
参照:List of communities in British Columbia

------------------------

British Columbia
From Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/British_Columbia
This page was last modified 02:55, 9 October 2006.

British Columbia
Colombie-Britannique
Flag of British Columbia Coat of arms of British Columbia

Motto: Splendor Sine Occasu (Latin: Splendour without diminishment)

Official languages none stated in law; English is de facto
Flower Pacific dogwood
Tree Western Redcedar
Bird Steller's Jay
Capital Victoria
Largest city Vancouver
Lieutenant-Governor Iona Campagnolo
Premier Gordon Campbell (BC Liberal)
Parliamentary representation
- House seat
- Senate seats
36
6
Area
Total
- Land
- Water (% of total) Ranked 5th
944,735 km²
925,186 km²
19,549 km² (2.1%)
Population
- Total (2006)
- Density Ranked 3rd
4,310,452
4.34/km²
GDP (2005)
- Total
- Per capita
$168.011 billion (4th)
$39,490 (7th)
Confederation July 20, 1871 (7th)

Time zone UTC−8 & −7
Abbreviations
- Postal
- ISO 3166-2
- Postal Code Prefix
BC
CA-BC
V
Website www.gov.bc.ca
All rankings include the territories
British Columbia, often referred to as B.C. or BC (French: Colombie-Britannique, C.-B.), is the westernmost of Canada's provinces and is famed for its natural beauty, as reflected in its Latin motto, Splendor sine occasu ("Splendour without diminishment"). It was the sixth province to join Confederation. Residents are referred to as British Columbians or BCers.

Contents [hide]
1 Geography
2 History
2.1 Pre-Confederation
2.2 Rapid growth and development
2.3 The 1920s through the 1940s
2.4 A second growth spurt: The 1950s and 1960s
2.5 Shifting fortunes: BC since the 1970s
3 Demographics
3.1 Population of British Columbia since 1851
3.2 Ethnic groups
4 Politics
5 Economy
6 Transportation
6.1 History
6.2 Roads and highways
6.2.1 Surface public transit
6.3 Rail
6.4 Water
6.5 Air
7 Parks and protected areas
8 Recreation
8.1 Recreational cannabis
9 Famous British Columbians
10 Maps
11 Regional districts
12 Cities
13 See also
14 References
15 External links



[edit]
Geography
Main article: Geography of British Columbia
See also: Demographics of British Columbia

Strait of Georgia, near Vancouver, B.C.British Columbia is bordered by the Pacific Ocean on its west, by the American state of Alaska on its Northwest, and to the north by the Yukon Territory and the Northwest Territories, on the east by the province of Alberta, and on the south by the states of Washington, Idaho, and Montana. The current southern border of British Columbia was established by the 1846 Oregon Treaty, although its history is tied up with lands as far south as the Columbia River.

British Columbia's land area is 944,735 square kilometers (364,764 square miles) which is about the size of France, Germany and the Netherlands combined. It is larger than the total area of Washington, Oregon and California. British Columbia's rugged coastline stretches for more than 27,000 kilometers (16,780 miles), including deep, mountainous fjords and about 6,000 islands, most of which are uninhabited.

British Columbia's capital is Victoria, located at the southeastern tip of Vancouver Island. BC's most populous city is Vancouver, located in southwest corner of the BC mainland called the Lower Mainland. Other major cities include Surrey, Burnaby, Coquitlam, Richmond, Delta, and New Westminster in the Lower Mainland; Abbotsford and Langley in the Fraser Valley; Nanaimo on Vancouver Island; and Kelowna and Kamloops in the Interior. Prince George is the major city nearest the centre of the province; however, a small town called Vanderhoof, 100 km to the west, is much nearer to the geographic centre.


Mount Robson, Canadian Rockies, B.C.The Coast Mountains, Canadian Rockies and the Inside Passage's many inlets provide some of British Columbia's renowned and spectacular scenery, which forms the backdrop and context for a growing outdoor adventure and ecotourism industry. 75% of the province is mountainous (more than 1,000 meters or 3,280 feet above sea level), 60% is forested, and only about 5% is arable. The Okanagan area is one of only three wine-growing regions in Canada and also produces excellent ciders, but exports little of either beverage. The small rural towns of Penticton, Oliver, and Osoyoos have some of the warmest and longest summer climates in Canada, although their temperature ranges are exceeded by the even-warmer Fraser Canyon towns further to the north such as Lillooet and Lytton where temperatures on summer afternoons sometimes surpass 40°C (104°F).

Much of the western part of Vancouver Island is covered by temperate rain forest, one of a mere handful of such ecosystems in the world (notable others being on the Olympic Peninsula of Washington and in Chile, New Zealand and Tasmania). The province's mainland away from coastal regions, moderated by the Pacific Ocean and a few southern interior valleys features snowy, cold winters, especially in the north.

Ten Largest Metropolitan Areas in BC by Population[1] Community (includes metro areas) 2001 1996
Vancouver 1,986,965 1,831,665
Victoria 311,902 304,287
Kelowna 147,739 136,541
Abbotsford 147,370 136,480
Kamloops 86,491 85,407
Nanaimo 85,664 82,691
Prince George 85,035 87,731
Chilliwack 69,776 66,254
Vernon 51,530 49,701
Courtenay 47,051 46,297
Ten Largest Municipalities in BC by Population Municipality 2001 1996
Vancouver 545,671 514,008
Surrey (GVA) 347,825 304,477
Burnaby (GVA) 193,954 179,209
Richmond (GVA) 164,345 148,867
Abbotsford 115,463 104,403
Coquitlam (GVA) 112,890 101,820
Saanich 103,654 101,388
Delta (GVA) 96,950 95,411
Kelowna 96,288 89,422
Langley Township (GVA) 86,896 80,179

A view overlooking Skaha Lake in the Okanagan Valley, one of the driest regions of the province's interior.
[edit]
History
Main article: History of British Columbia
[edit]
Pre-Confederation
The discovery of stone tools on the Beatton River near Fort St. John date human habitation in British Columbia to at least 11,500 years ago. The First Nations population spread throughout the region, mostly on the coast, where aboriginals achieved the highest density of any place in Canada. At the time of European contact, nearly half the aboriginal people in present-day Canada lived in BC.

The explorations of James Cook in the 1770s and George Vancouver in the 1790s, and the concessions of Spain in the 1790s established British jurisdiction over the coastal area north and west of the Columbia River. In 1793, Sir Alexander Mackenzie was the first European to journey across North America overland to the Pacific Ocean, inscribing a stone marking his accomplishment on the shoreline of South Bentinck Arm near Bella Coola. His expedition theoretically established British sovereignty inland, and a succession of other fur company explorers charted the maze of rivers and mountain ranges between the Prairies and the Pacific. Mackenzie and these other explorers — notably John Finlay, Simon Fraser, Samuel Black, and David Thompson — were primarily concerned with extending the fur trade, rather than political considerations.

Their establishment of trading posts under the auspices of the North West Company and the Hudson's Bay Company (HBC), however, effectively established a permanent British presence in the region, which (south of 54-40 latitude) was, as of the Anglo-American Convention of 1818, under the "joint occupancy and use" of citizens of the United States and subjects of Britain (which is to say, the fur companies). This co-occupancy was ended with the Oregon Treaty of 1846.

Some of these early posts would grow into settlements, communities, and cities. Among the places in British Columbia that began as fur trading posts are Fort St. John (established 1794); Hudson's Hope (1805); Fort Nelson (1805); Fort St. James (1806); Prince George (1807); Kamloops (1812); Fort Langley (1827); Victoria (1843); Yale (1848); and Nanaimo (1853). Fur company posts that became cities in what is now the United States include Vancouver, Washington (Fort Vancouver), formerly the "capital" of Hudson's Bay operations in the Columbia District (aka the Oregon Territory).

With the amalgamation of the two fur trading companies in 1821, the region now comprising British Columbia existed in three fur trading departments. The bulk of the Central and Northern Interior was organised into the New Caledonia district, administered from Fort St. James. The Interior south of the Thompson River watershed and north of the Columbia was organised into the Columbia District, administered from Fort Vancouver (present-day Vancouver, Washington). The northeast corner of the province east of the Rockies, known as the Peace River Block, was attached to the much larger Athabasca District, headquartered in Fort Chipewyan (in present day Alberta).

Until 1849, these districts were a wholly unorganised area of British North America under the defacto jurisdiction of HBC administrators. Unlike Rupert's Land to the north and east, however, the territory was not a concession to the Company. Rather, it was simply granted a monopoly to trade with the First Nations inhabitants. All that was changed with the westward extension of American exploration, and the concomitant overlapping claims of territorial sovereignty, especially in the southern Columbia basin (within present day Washington state and Oregon). In 1846, the Oregon Treaty divided the territory along the 49th parallel to Georgia Strait, with the area south of this boundary, excluding Vancouver Island and the Gulf Islands) transferred to sole American sovereignty. The Colony of Vancouver Island was created in 1849, with Victoria designated as the capital. New Caledonia continued to be an unorganized territory of British North America, "administered" by individual HBC trading post managers.

With the Fraser Canyon Gold Rush in 1858, an influx of Americans into New Caledonia prompted the colonial office to formally designate the mainland as the Colony of British Columbia, with New Westminster as its capital. A second gold rush — the Cariboo Gold Rush — followed in 1862, forcing the colonial administration into deeper debt as it struggled to meet the extensive infrastructure needs of far-flung boom communities like Barkerville and Lillooet, which literally sprang up overnight. The Vancouver Island colony was facing financial crises of its own, and pressure to merge the two eventually succeeded in 1866, with the name British Columbia being applied to the newly united colony.

[edit]
Rapid growth and development
The Confederation League led by such figures as Amor De Cosmos, John Robson, and Robert Beaven had long led the chorus pressing for the colony to join Canada, which had been created out of three British North American colonies in 1867. Several factors motivated this agitation, including the fear of annexation to the United States, the overwhelming debt created by rapid population growth, the need for government-funded services to support this population, and the economic depression caused by the end of the gold rush. With the agreement by the Canadian government to extend the Canadian Pacific Railway (CPR) to British Columbia and to assume the colony's debt, BC became the sixth province to join Confederation on July 20, 1871. The borders of the province were not completely settled until 1903, however, when the province's territory shrank somewhat after the Alaska Boundary Dispute settled the vague boundary of the Alaska Panhandle.

Population in British Columbia continued to expand as the province's mining, forestry, agriculture, and fishing sectors were developed. Mining activity was particularly notable in the Boundary Country, in the Slocan, in the West Kootenay around Trail, the East Kootenay (the southeast corner of the province), the Fraser Canyon, the Cariboo and elsewhere. Agriculture attracted settlers to the fertile Fraser Valley, and cattle ranchers and later fruit growers to the drier grasslands of the Thompson River area, the Cariboo, the Chilcotin, and the Okanagan. Forestry drew workers to the lush temperate rain forests of the coast, which was also the locus of a growing fishery.

The completion of the CPR in 1885-86 was a huge boost to the province's economy, facilitating the transportation of the region's considerable resources to the east. The booming logging town of Granville, near the mouth of the Burrard Inlet was selected as the terminus of the railway, prompting the incorporation of the community as Vancouver in 1886. The completion of the Port of Vancouver spurred rapid growth, and in less than fifty years the city would surpass Winnipeg as the largest in western Canada.

The early decades of the province were ones in which issues of land use — specifically, its settlement and development — were paramount. This included expropriation from First Nations people of their land, control over its resources, as well as the ability to trade in some resources (such as the fishery). Establishing a labour force to develop the province was problematic from the start, and British Columbia was the locus of immigration not only from Europe, but also from China and Japan. The influx of a non-caucasian population stimulated resentment from the dominant ethnic groups, resulting in agitation (much of it successful) to restrict the ability of Asian people to immigrate to British Columbia through the imposition of a head tax. This resentment culminated in mob attacks against Chinese and Japanese immigrants in Vancouver in 1887 and 1907. By 1923, almost all Chinese immigration had been blocked except for merchants and investors (see Anti-Chinese legislation in Canada).

Meanwhile, the province continued to grow. In 1914, the last spike of a second transcontinental rail line, the Grand Trunk Pacific, linking north-central British Columbia from the Yellowhead Pass through Prince George to Prince Rupert was driven at Fort Fraser. This opened up the north coast and the Bulkley Valley region to new economic opportunities. What had previously been an almost exclusively fur trade and subsistence economy soon became a locus for forestry, farming, and mining.

[edit]
The 1920s through the 1940s
When the men returned from World War I, they discovered the recently-enfranchised women of the province had helped vote in the prohibition of liquor in an effort to end the social problems associated with the hard-core drinking that Vancouver and the rest of the province was famous for until the war. Because of pressure from veterans, prohibition was quickly relaxed so that the "soldier and the working man" could enjoy a drink, but widespread unemployment among veterans was hardened by many of the available jobs being taken by European immigrants - Italians and others - and disgruntled veterans organized a range of "soldier parties" to represent their interests, variously named Soldier-Farmer, Soldier-Labour, and Farmer-Labour Parties. These formed the basis of the fractured labour-political spectrum that would generate a host of fringe leftist and rightist parties, including those who would eventually form the Co-operative Commonwealth and the early Social Credit splinter groups.

The advent of prohibition in the United States created new opportunities, and many found employment or at least profit in cross-border liquor smuggling. Much of Vancouver's prosperity and opulence in the 1920s is due to this "pirate economy", although growth in forestry, fishing and mining continued. The end of US-side Prohibition, combined with the onset of the Great Depression, plunged the province into economic destitution. Compounding the already dire local economic situation, tens of thousands of men from colder parts of Canada swarmed into Vancouver, creating huge hobo jungles around False Creek and the Burrard Inlet railyards, including the old CPR mainline right-of-way through the heart of the city's downtown (at Hastings and Carrall). Increasingly desperate times led to intense political organizing efforts, an occupation of the main Post Office at Granville & Hastings which was violently put down by the police, and an effective imposition of martial law on the docks for almost three years. A Vancouver contingent for the On-to-Ottawa Trek was organized and seized a train, which was loaded with thousands of men bound for the capital but was met by a Gatling gun straddling the tracks at Mission; the men were arrested and sent to work camps for the duration of the Depression.

There were some signs of economic life beginning to assert normalcy towards the end of the '30s, but it was the onset of World War II which transformed the national economy and ended the hard times of the Depression. Because of the war effort, women entered the workforce as never before.

BC has long taken advantage of its Pacific coast to have close relations with East Asia. However, this has caused friction, with frequent feelings of animosity towards Asian immigrants. This was most manifest during the Second World War when many people of Japanese descent were relocated or interned in the Interior of the province.

[edit]
A second growth spurt: The 1950s and 1960s
The post-World War II years saw Vancouver and Victoria also become cultural centres as poets, authors, artists, musicians, as well as dancers, actors, and haute cuisine chefs flocked to the beautiful scenery and warmer temperatures. Similarly, these cities have either attracted or given rise to their own noteworthy academics, commentators, and creative thinkers. Tourism also began to play an important role in the economy. The rise of Japan and other Pacific economies was a great boost to the BC economy.

[edit]
Shifting fortunes: BC since the 1970s
[edit]
Demographics
Main article: Demographics of British Columbia
See also: Cities in British Columbia and List of communities in British Columbia
[edit]Population of British Columbia since 1851
Year Population Five Year
% change Ten Year
% change Rank Among
Provinces
1851 55,000 n/a n/a 6
1861 51.524 n/a -6.3 6
1871 36,247 n/a -29.7 7
1881 49,459 n/a 36.4 8
1891 98,173 n/a 98.5 8
1901 178,657 n/a 82.0 6
1911 392,480 n/a 119.7 6
1921 524,582 n/a 33.7 6
1931 694,263 n/a 32.3 6
1941 817,861 n/a 17.8 6
1951 1,165,210 n/a 42.5 3
1956 1,398,464 20.0 n/a 3
1961 1,629,082 16.5 39.8 3
1966 1,873,674 15.0 34.0 3
1971 2,184,620 16.6 34.1 3
1976 2,466,610 12.9 31.6 3
1981 2,744,467 11.3 25.6 3
1986 2,883,370 5.1 16.9 3
1991 3,282,061 13.8 19.6 3
1996 3,724,500 13.5 29.2 3
2001 3,907,738 4.9 19.1 3
2006* 4,310,452 10.3 15.7 3

*Preliminary 2006 census estimate.

Source: Statistics Canada[2][3]
[edit]Ethnic groups
Note: The following statistics represent both single (e.g., "German") and multiple (e.g., "part Chinese, part English") responses to the 2001 Census, and thus do not add up to 100%.

Ethnic Origin Population Percent
English 1,144,335 25.58%
Canadian 939,460 24.28%
Scottish 748,905 19.36%
Irish 562,895 14.55%
German 500,675 12.94%
Chinese 373,830 9.66%
French 331,535 8.57%
East Indian 183,650 4.75%
Dutch (Netherlands) 180,635 4.67%
Ukrainian 178,880 4.62%
North American Indian 175,085 4.53%
Italian 126,420 3.27%
Norwegian 112,045 2.90%
Polish 107,340 2.77%
Swedish 89,630 2.32%
Welsh 86,710 2.24%
Russian 86,110 2.23%
Filipino 69,345 1.79%
American (USA) 59,075 1.53%
Danish 49,685 1.28%
Métis 45,455 1.17%
Hungarian (Magyar) 43,515 1.12%

Source: Statistics Canada[4]

British Columbia has a very diverse ethnic population, with a large number of immigrants having lived in the province for 30 years or less. Asians are by far the largest visible minority demographic, with many of the Lower Mainland's large cities having sizable Chinese, Japanese, Filipino, and Korean communities. The East Indian population is also considerable, especially in Surrey and South Vancouver.

Also present in large numbers relative to other cities in Canada (except Toronto), and ever since the province was first settled (unlike Toronto), are many European ethnicities of the first and second generation, notably Germans, Scandinavians, Yugoslavs and Italians; third-generation Europeans are generally of mixed lineage, and traditionally intermarried with Asian or other non-European ethnicities more than in any other Canadian province[citation needed]. First-generation Britons remain a strong component of local society despite limitations on immigration from Britain since the ending of special status for British subjects in the 1960s. It is the only province where "English" ethnicity gets more response than "Canadian". American ancestry is under-reported; many Americans crossed into British Columbia during 19th century gold rushes and political turmoil like the Vietnam War.

The percentages add to more than 100% because of dual responses (e.g. "French-Canadian" generates an entry in both the category "French" and the category "Canadian".) Groups with greater than 40,000 responses are included.

Further information: Statistics Canada. "British Columbia ethno-cultural profile"[5]
[edit]
Politics
Main article: Politics of British Columbia

The Legislative Buildings, Victoria, BCThe Lieutenant Governor, Iona Campagnolo, is the Queen of Canada's representative in the Province of British Columbia. During the absence of the Lieutenant-Governor, the federal Cabinet may appoint an Administrator to execute the duties of the office. In practice, this is usually the Chief Justice of British Columbia.[6]

BC has a 79-member elected Legislative Assembly, elected by the plurality voting system, though in recent years there has been significant debate about switching to a single transferable vote system.

Currently, the province is governed by the British Columbia Liberal Party under Premier Gordon Campbell. Campbell won the largest landslide election in BC history in 2000 (77 of 79 seats), but the legislature is more evenly divided between Liberals and members of the social democratic New Democratic Party following the 2005 provincial election.

The British Columbia Liberal Party is unrelated to the federal Liberal Party and does not share its ideology. Instead, the BC Liberal party is a rather diverse coalition, made up of the remnants of the Social Credit Party, many federal Liberals, federal Conservatives, and those who would otherwise support right-of-centre or 'free enterprise' parties. Historically, there have commonly been third parties members present in the legislature, but there are presently none.

Prior to the rise of the Liberal Party, British Columbia's main right-of-centre political party was the BC Social Credit Party which ruled BC for almost 40 continuous years.

BC is well-known for having very politically active labour unions, who normally support the NDP.

[edit]
Economy
British Columbia has a resource dominated economy. While employment in the resource sector has fallen steadily, unemployment is currently at a 30-year low of 4.5%[1]. New jobs are mostly in the construction and retail/service sectors.

Major Employers:

- Canada's third largest private company Jim Pattison Group

-Telus

[edit]
Transportation
[edit]
History
Transportation played a major role in British Columbia history. The Rocky Mountains and the ranges west of them constituted a significant obstacle to overland travel until the completion of the transcontinental railway in 1885. The Peace River Canyon through the Rocky Mountains was the route that the earliest explorers and fur traders used. Along with that route, overland travel from the rest of Canada involved using a combination of trails and wagon roads (such as the Cariboo Wagon Road). The difficulty of overland travel prior to 1885 meant that most transportation to and from the region occurred via the Pacific Ocean, primarily through the ports of Victoria and New Westminster.

Until the 1930s, rail was the only means of overland travel to and from the rest of Canada — travellers using motor vehicles needed to journey through the United States. With the construction of the Inter-Provincial Highway in 1932 (now known as the Crowsnest Pass Highway), and later the Trans-Canada Highway, road transportation evolved into the preferred mode of overland travel to and from the rest of the country.

[edit]
Roads and highways

Highway 91 in VancouverMain article: List of British Columbia provincial highways
Due to its size and rugged, varying topography, British Columbia requires thousands of kilometres of provincial highways to connect its communities. British Columbia's roads systems were notoriously poorly maintained and dangerous until a concentrated programme of improvement was initiated in the 1950s and 60s. There are now freeways in the Lower Mainland and Central Interior of the province, and much of the rest of the province is accessible by well-maintained two lane arterial highways with additional passing lanes in mountainous areas. The building and maintenance of provincial highways is the responsibility of the provincial government.

There are four major routes through the Rocky Mountains to the rest of Canada. From south to north they are: The Crowsnest Pass Highway through Sparwood, the Trans-Canada Highway through Banff National Park, the Yellowhead Highway through Jasper National Park, and Highway 2 through Dawson Creek. There are also several highway crossings to the adjoining American states of Washington, Idaho, and Montana. The longest highway is Highway 97, running 2081 km from the BC-Washington border at Osoyoos north to Watson Lake, Yukon.

[edit]
Surface public transit
Prior to 1978, surface public transit was administered by BC Hydro (formerly British Columbia Electric), the provincial crown corporation responsible for the production and distribution of electricity. Subsequently, the province established BC Transit to oversee and operate all municipal transportation systems. In 1998, TransLink, a separate authority for the Greater Vancouver Regional District, was established.

Public Transit in British Columbia consists mainly of diesel buses, although the City of Vancouver is also serviced by a fleet of electric buses. TransLink operates SkyTrain, a light rapid transit system serving Vancouver, Burnaby, New Westminster, and North Surrey. Presently, extensions of the line south to Richmond (the Canada Line) and east to Coquitlam and Port Moody (the Evergreen Line) are being developed.

[edit]
Rail
The completion of the Canadian Pacific Railway (CPR) in 1885 was a condition of British Columbia's entry into the Canadian Confederation. Rail development expanded greatly in the subsequent decades, and was the chief mode of long-distance surface transportation until the expansion and improvement of the provincial highways system began in the 1950s. Apart from the CPR, numerous other lines were developed. Two major routes through the Yellowhead Pass competed with the CPR — the Grand Trunk Pacific, terminating at Prince Rupert, and the Canadian National Railway (CNR), terminating at Vancouver. The Pacific Great Eastern (PGE) line supplemented this service, providing a north-south route between Interior resource communities and the coast. The PGE (later known as British Columbia Railway and now owned by CNR) connects Fort St. James, Fort Nelson, and Tumbler Ridge with North Vancouver.

[edit]
Water
BC Ferries was established as a provincial crown corporation in 1960 to provide passenger and vehicle ferry service between Vancouver Island and the Lower Mainland as a cheaper and more reliable alternative to the service operated by the CPR. It now operates 25 routes among the islands of British Columbia, as well as between the islands and the mainland. Ferry service to Washington is offered by the Washington State Ferries (between Sidney and Anacortes) and Black Ball Ferries (between Victoria and Port Angeles). Ferry service over inland lakes and rivers is provided by the provincial government.

Commercial ocean transport is of vital importance. Major ports are located at Vancouver, Roberts Bank (near Tsawwassen), Prince Rupert, and Victoria. Of these, the Port of Vancouver is the most important, being the largest in Canada and the most diversified in North America. Vancouver, Victoria, and Prince Rupert are also major ports of call for cruise ships.

[edit]
Air
There are over 200 airports located throughout B.C, the major ones being the Vancouver International Airport (YVR), the Victoria International Airport (YYJ), and the Kelowna International Airport (YLW). These three are the only British Columbian airports to have served over 1,000,000 passengers in 2005. Vancouver International Airport is the second busiest airport in the country with an estimated 16 million travellers passing through in 2005.

[edit]
Parks and protected areas

Yoho National ParkThere are 14 designations of parks and protected areas in the province that reflects the different administration and creation of these areas in a modern context. There are 141 ecological Reserves, 35 provincial marine parks, 7 Provincial Heritage Sites, 6 National Historic Sites, 4 National Parks and 3 National Park Reserves. 12.5% (114,000 km²) of BC is currently considered 'protected' under one of the 14 different designations that includes over 800 distinct areas.

British Columbia contains seven of Canada's national parks:

Glacier National Park
Gulf Islands National Park Reserve
Gwaii Haanas National Park Reserve and Haida Heritage Site
Kootenay National Park
Mount Revelstoke National Park
Pacific Rim National Park Reserve
Yoho National Park
BC also contains a large network of provincial parks, run by BC Parks of the Ministry of Environment. BC's provicial parks system is the second largest parks system in Canada (the largest is Canadian National Parks system).

In addition to these areas, over 4.7 million hectares of arable land are protected by the Agricultural Land Reserve.

British Columbia Magazine continually features articles on BC's remote and accessible parks, as well as the wildlife and wilderness areas within.

[edit]
Recreation

Whistler-BlackcombGiven its varied mountainous terrain and its coasts, lakes, rivers, and forests, British Columbia has long been enjoyed for pursuits like hiking and camping, rock climbing and mountaineering, hunting and fishing.

Much of the province is wild or semi-wild, so that populations of very many mammalian species that have become rare in much of the United States still flourish in B.C. Watching animals of various sorts, including a very wide range of birds, has also long been popular. Bears (grizzly, black), and the Kermode bear or spirit bear—only found in British Columbia, live here, as do deer, elk, moose, caribou, big-horn sheep, mountain goats, beavers, muskrat, coyotes, wolves, mustelids (such as wolverines and fishers) mountain lions, eagles, ospreys, herons, Canada geese, swans, loons, hawks, owls, ravens, and many sorts of ducks. Smaller birds (robins, jays, grosbeaks, chickadees, etc.) also abound.

Healthy populations of many sorts of fish are found in the waters (including salmonids such as several species of salmon, trout, char, etc.). Besides salmon and trout, sport-fishers in B.C. also catch halibut, steelhead, bass, and sturgeon.

Water sports, both motorized and non-motorized, are enjoyed in many places. Sea kayaking opportunities abound on the B.C. coast with its fjords. Whitewater rafting and kayaking are popular on many inland rivers. Sailing and sailboarding are widely enjoyed.

In winter, cross-country and telemark skiing are much enjoyed, and in recent decades high-quality downhill skiing has been developed in the Coast Mountain range and the Rockies, as well as in the southern areas of the Shuswap Highlands and the Columbia Mountains. Snowboarding has mushroomed in popularity since the early 1990s. The 2010 Winter Olympics downhill events will be held in Whistler-Blackcomb area of the province, while the indoor events will be in the Vancouver area.

In Vancouver and Victoria (as well as some other cities), opportunities for joggers and bicyclists have been developed. Cross-country bike touring has been popular since the ten-speed bike became available many years ago. Since the advent of more robust mountain bikes, trails in more rugged and wild places have been developed for them. Some of the province's retired rail beds have been converted and maintained for hiking, biking, and cross-country skiing.

Horseback riding is enjoyed by many British Columbians. Opportunities for trail riding, often into especially scenic areas, have been established for tourists in numerous areas of the province.

British Columbia also has strong participation levels in many other sports, including golf, tennis, soccer, hockey, Canadian football, rugby, softball, basketball, curling and figure skating. B.C. has produced many outstanding athletes, especially in aquatic and winter sports. Also, today programmes of training and toning systems like aerobics and hatha yoga are widespread. Most communities of several thousand people or more have developed facilities for these.

Consistent with both increased tourism and increased participation in diverse recreations by British Columbians themselves has been the proliferation of lodges, chalets, bed and breakfasts, motels, hotels, fishing camps, and park-camping facilities in recent decades.

In certain areas, there are businesses, non-profit societies, or municipal governments dedicated to promoting ecotourism in their region.

[edit]
Recreational cannabis
In recent years, there has also been a rise of a 'marijuana culture' in many parts of BC, to the extent that there now exists a provincial political party known as the British Columbia Marijuana Party. Production and sale of the drug now estimated by the provincial Organized Crime Agency to be among the province's largest industries.[7] In Vancouver, there are several open-to-the-public almost-"Amsterdam"-style coffee houses where people can meet and openly smoke (but not purchase) marijuana. Though police may tend to turn a blind eye to cannabis use in some urban areas, the drug remains illegal throughout the province, and controlling its spread remains an ongoing and much-debated legal issue in the province. The rise of indoor marijuana "grow ops" in suburban communities and their ties to organized crime continue to be a concern, although much production occurs through via highly decentralized "Mom-and-Pop"-type operations. The quality, assortment and price of this marijuana makes British Columbia a destination for those taking an interest in cannabis.

A study released on October 4, 2006 by the University of Victoria Centre for Addictions Research of BC and Simon Fraser University Applied Research on Mental Health and Addictions indicated Cannabis use is more widespread among British Columbians than the rest of Canadians.
posted by 旅行好き at 08:05| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

カナダの概要

以下、ウィキペディアという百科事典からの引用です。

カナダについて概要がわかります。アメリカが目立っているので、なんとなく、カナダが目立たないという感じですね。実際に行ったことはないので、実際のところはわかりません。

私の場合カナダといってまず最初に思い浮かぶものは、ログハウスすで。

 

カナダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

最終更新 2006年7月23日 (日) 07:21。

カナダは、北アメリカ大陸北部に位置する国。首都はオタワ。世界で2番目に大きい面積の国土をもつ。南にアメリカと、西に米領アラスカ州と、東にグリーンランドと隣接する。1867年までイギリスの植民地であった。世界の先進七カ国(G7)の一国。旧来より隣国のアメリカ合衆国との交流が盛んであったが、1992年、北米自由貿易協定に加盟し、さらに北米3国間での交流も促進された。また、映画ソフトウェアの開発などが盛んである。

国名
正式名称は、Canada(英語: キャナダ、フランス語: キャナダ)。

日本語の表記は、カナダ。連邦制を採っていることから、カナダ連邦と呼ばれることもある。また、漢字による当て字で加奈陀と表記され、加と略される。加国、加連邦とも。なお、加州はアメリカ合衆国のカリフォルニア州。

語源は原住民の「村落」を意味する単語kanataが変化しcanadaになった。

歴史
詳細はカナダの歴史、カナダ史年表を参照

1534年 ジャック・カルティエ、仏領カナダ領有を宣言
1608年 サミュエル・ド・シャンプラン、ケベック植民地創設
1642年 モントリオール創設 
1682年 ロベール・カヴァリエ、ルイジアナ領有宣言
1763年 七年戦争(北米では特にフレンチ・インディアン戦争)の結果、仏領カナダを英国に割譲
1858年 イギリス、ブリティッシュコロンビアを領有
1867年 自治領カナダ連邦(Dominion of Canada)誕生
1914年 第一次世界大戦参戦
1931年 英国議会カナダの自治権を法的に保障(実質的独立)
1939年 第二次世界大戦参戦
1965年 モントリオール万博開催
1969年 英仏両語をカナダの公用語に制定
1982年 1982年憲法の制定
1992年 北米自由貿易協定加盟
1999年 先住民族の自治権を承認


政治
政体は立憲君主制である。公式にはイギリス女王が国家元首となるが、実際にはカナダ総督が女王の代行を務める。もっとも、これは形式的なものであり、実質的な首長は、総選挙により選出される連邦政府の首相である。政府は、議院内閣制を採用している。カナダは、歴史的に各州の合意により連邦が設立された経緯があることから、州に大幅な自治権が認められており、それぞれの州に首相、内閣及び議会がある。そのため、カナダにおいて政治とは、州政府vs連邦政府の駆け引きをさすことも多い。 カナダの憲法は、1982年にできたいわゆる「1982年憲法」であり、それによりニ言語多文化主義・ケベック州の特殊性が認められている。


オタワにある議会は二院制で、上院105名、下院308名。詳細はカナダ議会を参照

イギリス連邦に加盟している。 また、英語圏として国際諜報網「UKUSA」(アングロサクソン・ネットワーク)の一員である。 

カナダはホームドクター制であり、医療費が無料となっている。そのため医療費が国費を圧迫しているという議論もあるが、カナダの良き伝統として残すべきであるという意見が強い。実際にカナダは医療費を無料にしたまま、財政の黒字化に成功している。

通貨
通貨はカナダドル(Canadian Dollar、CAD)。Can$1=100¢である。

地理
カナダは北アメリカ大陸の北半分を占める。南および西はアメリカと接する。東は大西洋、デーヴィス海峡、西は太平洋、北はボーフォート海、北極海に面する。

カナダはロシアに次いで2番目に面積が大きい国であり、北アメリカ大陸の約41%を占めている。国土の多くは北極圏内にある。人口密度は3.2人/km2とかなり少ない。カナダ人の80%はアメリカとの国境から 200 km以内に住んでいる。

人口が最も多い地域は五大湖、セントローレンス川周辺である。その北にはカナダ楯状地が広がる。

経済
天然資源
天然ガス、石油、石炭、金、銀、銅、ダイアモンド、鉄鉱石、ニッケル、ウラン、亜鉛、木材、水、魚類(サーモン、イクラ、マグロ等)


産業
自動車部品製造、製紙、鉄鋼、機械・機器、鉱業、化石燃料採掘、林産、農業、漁業、観光業、映画撮影、コンピューター産業、ソフトウェア制作、ゲーム制作、CG、アニメ

輸出品
主な輸出品目は、自動車および自動車部品、機械・機器、精密機器、石油、天然ガス、金属、林産品、農産品、魚類(サーモン、イクラ、マグロ等)

国民
言語は英語とフランス語が1982年憲法によって認められている公用語である。1969年に連邦政府における英語とフランス語の地位の同等性が認められるようになった。日常的に英語を使う人の割合は6割弱、フランス語は2割程度である。フランス語が主に使われている地域はケベック州、オンタリオ州、ニューブランズウィック州、およびマニトバ州の南部である。このうち、ケベック州はフランス語のみを、ニューブランズウィック州は英語とフランス語を公用語としている。(他州は英語のみを公用語としている。)なお、ヌナブト準州ではイヌイット語も英語とともに公用語である。 公用語以外の言語を使う住民も500万人ほどおり、中国語(広東語が多い)の話者が85万人、イタリア語が47万人、ドイツ語が44万人、などである。また先住民の中には自分達の言葉を使うものもいるが、多くの言語はだんだんと使われなくなっていく傾向にある。

人種
住民は、イギリス系28%、フランス系23%、その他のヨーロッパ系15%、ネイティブカナディアン(先住民族)2%、その他アジア系カナダ人、アフリカ系、アラブ系が6%、混血が26%。

宗教
宗教は、ローマ・カトリックが43%、プロテスタントが29%、その他12%となっている。(2001年時点)また、無宗教の人は16%に上る。

文化

文学
日本で人気のある『赤毛のアン』の作者ルーシー・モンゴメリーはカナダの文学者である。

芸能人
ハリウッド俳優キアヌ・リーブス、マイケル・J・フォックス、ジム・キャリー、ヘイデン・クリステンセン、アカデミー男優賞俳優ドナルド・サザーランドと有名米ドラマ「24」主演のキーファー・サザーランドの父子は、カナダ出身である。映画タイタニックの主題歌で名を馳せたセリーヌ・ディオンは世界的なシンガーとして有名。歌手のアヴリル・ラヴィーンもカナダ出身。その他ミュージシャンでは、コリー・ハート、サラ・マクラクラン、ブライアン・アダムス、アラニス・モリセット、ジョニ・ミッチェル、デイヴィッド・フォスターなどが世界的に有名。


世界遺産
カナダ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が5件、自然遺産が6件ある。さらに米国とにまたがって2件の自然遺産が登録されている。詳細は、カナダの世界遺産を参照。

最終更新 2006年7月23日 (日) 07:21。

posted by 旅行好き at 21:11| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

カナダ」でグーグルを検索トップを表示

カナダ

カナダ wikipedia

カナダ 留学

カナダ 大使館

カナダ 地図

カナダ 旅行

エア カナダ

カナダ バンクーバー

カナダ ワーキング ホリデー

カナダ 土産

jp カナダ

カナダ 生活

カナダ トロント

カナダ 国旗

カナダ ビクトリア

カナダ 観光 ガイド

カナダ 歴史

カナダ 観光

カナダ バンフ

カナダ エリア ガイド

カナダ 観光 局

カナダ 旅行記

カナダ オーロラ

カナダ 首都

カナダ 料理

ワーキング ホリデー カナダ

カナダ ホテル

カナダ 気候

カナダ 天気

カナダ 食べ物

カナダ 文化

カナダ ホームステイ

カナダ 時差

カナダ 映画

留学 カナダ

カナダ ツアー

カナダ 大学

カナダ 教育

カナダ 紅葉

カナダ 移民

カナダ 自然

カナダ ナイアガラ

カナダ モントリオール

カナダ 航空

カナダ ドライ

カナダ 地図 都市

カナダ スポーツ

カナダ バンクーバー 観光

カナダ 移住

f1 カナダ

カナダ 写真

旅行 代理店 カナダ

カナダ バンクーバー 地図

カナダ 人口

カナダ 動物

カナダ メープル シロップ

カナダ 政府 観光 局

カナダ アイス ワイン

カナダ 航空券

カナダ 人

カナダ 格安 航空券

カナダ カルガリー

f1 カナダ gp

カナダ 観光 地

カナダ gp

アブロード カナダ

格安 航空券 カナダ

カナダ 語学 学校

カナダ 学校

カナダ 大使館 ホームページ

カナダ メープル

カナダ ヴィクトリア

ログ ハウス カナダ

カナダ ナイアガラ 滝

カナダ ビザ

カナダ 食 文化

カナダ からの 手紙

カナダ 気温

カナダ オイルサンド

地球の歩き方 カナダ

カナダ 語学 留学

カナダ 食事

カナダ 菓子

カナダ 情報

カナダ 生活 ガイド

カナダ 永住権

カナダ 世界 遺産

旅行 カナダ

カナダ ウィスラー

f1 カナダ グランプリ

カナダ 時間

カナダ アウトドア

カナダ ケベック

バンフ カナダ

ボーズ オブ カナダ

カナダ 遊び

posted by 旅行好き at 03:19| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

カナダ」でグーグルを検索"

カナダ

カナダ wikipedia

カナダ 留学

カナダ 大使館

カナダ 地図

カナダ 旅行

エア カナダ

カナダ バンクーバー

カナダ ワーキング ホリデー

カナダ 土産

jp カナダ

カナダ 生活

カナダ トロント

カナダ 国旗

カナダ ビクトリア

カナダ 観光 ガイド

カナダ 歴史

カナダ 観光

カナダ バンフ

カナダ エリア ガイド

カナダ 観光 局

カナダ 旅行記

カナダ オーロラ

カナダ 首都

カナダ 料理

ワーキング ホリデー カナダ

カナダ ホテル

カナダ 気候

カナダ 天気

カナダ 食べ物

カナダ 文化

カナダ ホームステイ

カナダ 時差

カナダ 映画

留学 カナダ

カナダ ツアー

カナダ 大学

カナダ 教育

カナダ 紅葉

カナダ 移民

カナダ 自然

カナダ ナイアガラ

カナダ モントリオール

カナダ 航空

カナダ ドライ

カナダ 地図 都市

カナダ スポーツ

カナダ バンクーバー 観光

カナダ 移住

f1 カナダ

カナダ 写真

旅行 代理店 カナダ

カナダ バンクーバー 地図

カナダ 人口

カナダ 動物

カナダ メープル シロップ

カナダ 政府 観光 局

カナダ アイス ワイン

カナダ 航空券

カナダ 人

カナダ 格安 航空券

カナダ カルガリー

f1 カナダ gp

カナダ 観光 地

カナダ gp

アブロード カナダ

格安 航空券 カナダ

カナダ 語学 学校

カナダ 学校

カナダ 大使館 ホームページ

カナダ メープル

カナダ ヴィクトリア

ログ ハウス カナダ

カナダ ナイアガラ 滝

カナダ ビザ

カナダ 食 文化

カナダ からの 手紙

カナダ 気温

カナダ オイルサンド

地球の歩き方 カナダ

カナダ 語学 留学

カナダ 食事

カナダ 菓子

カナダ 情報

カナダ 生活 ガイド

カナダ 永住権

カナダ 世界 遺産

旅行 カナダ

カナダ ウィスラー

f1 カナダ グランプリ

カナダ 時間

カナダ アウトドア

カナダ ケベック

バンフ カナダ

ボーズ オブ カナダ

カナダ 遊び

posted by 旅行好き at 03:18| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダ」でアマゾンを検索

カナダ

カナダ wikipedia

カナダ 留学

カナダ 大使館

カナダ 地図

カナダ 旅行

エア カナダ

カナダ バンクーバー

カナダ ワーキング ホリデー

カナダ 土産

jp カナダ

カナダ 生活

カナダ トロント

カナダ 国旗

カナダ ビクトリア

カナダ 観光 ガイド

カナダ 歴史

カナダ 観光

カナダ バンフ

カナダ エリア ガイド

カナダ 観光 局

カナダ 旅行記

カナダ オーロラ

カナダ 首都

カナダ 料理

ワーキング ホリデー カナダ

カナダ ホテル

カナダ 気候

カナダ 天気

カナダ 食べ物

カナダ 文化

カナダ ホームステイ

カナダ 時差

カナダ 映画

留学 カナダ

カナダ ツアー

カナダ 大学

カナダ 教育

カナダ 紅葉

カナダ 移民

カナダ 自然

カナダ ナイアガラ

カナダ モントリオール

カナダ 航空

カナダ ドライ

カナダ 地図 都市

カナダ スポーツ

カナダ バンクーバー 観光

カナダ 移住

f1 カナダ

カナダ 写真

旅行 代理店 カナダ

カナダ バンクーバー 地図

カナダ 人口

カナダ 動物

カナダ メープル シロップ

カナダ 政府 観光 局

カナダ アイス ワイン

カナダ 航空券

カナダ 人

カナダ 格安 航空券

カナダ カルガリー

f1 カナダ gp

カナダ 観光 地

カナダ gp

アブロード カナダ

格安 航空券 カナダ

カナダ 語学 学校

カナダ 学校

カナダ 大使館 ホームページ

カナダ メープル

カナダ ヴィクトリア

ログ ハウス カナダ

カナダ ナイアガラ 滝

カナダ ビザ

カナダ 食 文化

カナダ からの 手紙

カナダ 気温

カナダ オイルサンド

地球の歩き方 カナダ

カナダ 語学 留学

カナダ 食事

カナダ 菓子

カナダ 情報

カナダ 生活 ガイド

カナダ 永住権

カナダ 世界 遺産

旅行 カナダ

カナダ ウィスラー

f1 カナダ グランプリ

カナダ 時間

カナダ アウトドア

カナダ ケベック

バンフ カナダ

ボーズ オブ カナダ

カナダ 遊び

posted by 旅行好き at 03:17| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナダ」でBIDDERSを検索

カナダ

カナダ wikipedia

カナダ 留学

カナダ 大使館

カナダ 地図

カナダ 旅行

エア カナダ

カナダ バンクーバー

カナダ ワーキング ホリデー

カナダ 土産

jp カナダ

カナダ 生活

カナダ トロント

カナダ 国旗

カナダ ビクトリア

カナダ 観光 ガイド

カナダ 歴史

カナダ 観光

カナダ バンフ

カナダ エリア ガイド

カナダ 観光 局

カナダ 旅行記

カナダ オーロラ

カナダ 首都

カナダ 料理

ワーキング ホリデー カナダ

カナダ ホテル

カナダ 気候

カナダ 天気

カナダ 食べ物

カナダ 文化

カナダ ホームステイ

カナダ 時差

カナダ 映画

留学 カナダ

カナダ ツアー

カナダ 大学

カナダ 教育

カナダ 紅葉

カナダ 移民

カナダ 自然

カナダ ナイアガラ

カナダ モントリオール

カナダ 航空

カナダ ドライ

カナダ 地図 都市

カナダ スポーツ

カナダ バンクーバー 観光

カナダ 移住

f1 カナダ

カナダ 写真

旅行 代理店 カナダ

カナダ バンクーバー 地図

カナダ 人口

カナダ 動物

カナダ メープル シロップ

カナダ 政府 観光 局

カナダ アイス ワイン

カナダ 航空券

カナダ 人

カナダ 格安 航空券

カナダ カルガリー

f1 カナダ gp

カナダ 観光 地

カナダ gp

アブロード カナダ

格安 航空券 カナダ

カナダ 語学 学校

カナダ 学校

カナダ 大使館 ホームページ

カナダ メープル

カナダ ヴィクトリア

ログ ハウス カナダ

カナダ ナイアガラ 滝

カナダ ビザ

カナダ 食 文化

カナダ からの 手紙

カナダ 気温

カナダ オイルサンド

地球の歩き方 カナダ

カナダ 語学 留学

カナダ 食事

カナダ 菓子

カナダ 情報

カナダ 生活 ガイド

カナダ 永住権

カナダ 世界 遺産

旅行 カナダ

カナダ ウィスラー

f1 カナダ グランプリ

カナダ 時間

カナダ アウトドア

カナダ ケベック

バンフ カナダ

ボーズ オブ カナダ

カナダ 遊び

posted by 旅行好き at 03:15| カナダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ニューヨーク」でグーグルを検索トップを表示

ニューヨーク

ニューヨーク 旅行記

ニューヨーク wikipedia

バーニーズ ニューヨーク

グラマシー ニューヨーク

ニューヨーク ダウ

ニューヨーク グリル

ニューヨーク ホテル

トゥルークライム ニューヨーク

ニューヨーク タイムズ

ニューヨーク 地図

ニューヨーク シティー

ニューヨーク 観光

ニューヨーク ニューヨーク

ニューヨーク ハット

ニューヨーク チーズケーキ

ニューヨーク 旅行

ニューヨーク ドールズ

ニューヨーク 市場

ニューヨーク 州

リトル ニューヨーク

ニューヨーク 株式 市場

ニューヨーク 生活

ニューヨーク 株式

ニューヨーク 株価

ニューヨーク チーズケーキ レシピ

ニューヨーク ダウ リアルタイム

ニューヨーク 証券 取引所

ニューヨーク 自由の女神

ニューヨーク 恋人

トゥルー クライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク 土産

アメリカ ニューヨーク

ニューヨーク 大学

ニューヨーク タイムス

ニューヨーク モーター ショー

ニューヨーク ドール

ニューヨーク 写真

ニューヨーク 天気

スージー ニューヨーク

サマンサ タバサ ニューヨーク

トゥルークライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク エリア ガイド

ニューヨーク 時差

ニューヨーク ヤンキース

ニューヨーク 掲示板

ニューヨーク 観光 ガイド

クロス フォー ニューヨーク

ニューヨーク 空港

ニューヨーク 夜景

ニューヨーク カフェ

ps 2 トゥルークライム ニューヨーク

バーニーズ ニューヨーク 銀座

ニューヨーク マンハッタン

パーク ハイアット ニューヨーク グリル

ニューヨーク 金 価格

ニューヨーク 風俗

グラン マシー ニューヨーク

ニューヨーク 航空券

ニューヨーク ダウ チャート

ニューヨーク メッツ

ニューヨーク レストラン

ニューヨーク 留学

ニューヨーク 近代 美術館

ニューヨーク 株

ニューヨーク 株式 市況

ニューヨーク ミュージカル

ニューヨーク ベビー

ジル スチュアート ニューヨーク

リトル ニューヨーク ドレス

ニューヨーク 時間

キングダム トラスト ニューヨーク

ニューヨーク 地下鉄

ニューヨーク 市場 株価

ニューヨーク ミニット

ニューヨーク 不動産

ニューヨーク 情報

ニューヨーク 市況

ニューヨーク ツアー

ニューヨーク タイムズ 記事

ニューヨーク メトロポリタン 美術館

ニューヨーク ランウェイ

[[ニューヨーク タイム
posted by 旅行好き at 19:43| ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨーク」でグーグルを検索

ニューヨーク

ニューヨーク 旅行記

ニューヨーク wikipedia

バーニーズ ニューヨーク

グラマシー ニューヨーク

ニューヨーク ダウ

ニューヨーク グリル

ニューヨーク ホテル

トゥルークライム ニューヨーク

ニューヨーク タイムズ

ニューヨーク 地図

ニューヨーク シティー

ニューヨーク 観光

ニューヨーク ニューヨーク

ニューヨーク ハット

ニューヨーク チーズケーキ

ニューヨーク 旅行

ニューヨーク ドールズ

ニューヨーク 市場

ニューヨーク 州

恵比寿 ニューヨーク

リトル ニューヨーク

ニューヨーク 株式 市場

ニューヨーク 生活

ニューヨーク 株式

ニューヨーク 株価

ニューヨーク チーズケーキ レシピ

ニューヨーク ダウ リアルタイム

ニューヨーク 証券 取引所

ニューヨーク 自由の女神

ニューヨーク 恋人

トゥルー クライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク 土産

アメリカ ニューヨーク

ニューヨーク 大学

ニューヨーク タイムス

ニューヨーク モーター ショー

ニューヨーク ドール

ニューヨーク 写真

ニューヨーク 天気

スージー ニューヨーク

サマンサ タバサ ニューヨーク

トゥルークライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク エリア ガイド

ニューヨーク 時差

ニューヨーク ヤンキース

ニューヨーク 掲示板

ニューヨーク 観光 ガイド

クロス フォー ニューヨーク

ニューヨーク 空港

ニューヨーク 夜景

ニューヨーク カフェ

ps 2 トゥルークライム ニューヨーク

バーニーズ ニューヨーク 銀座

ニューヨーク マンハッタン

パーク ハイアット ニューヨーク グリル

ニューヨーク 金 価格

ニューヨーク 風俗

グラン マシー ニューヨーク

ニューヨーク 航空券

ニューヨーク ダウ チャート

ニューヨーク メッツ

ニューヨーク レストラン

ニューヨーク 留学

ニューヨーク 近代 美術館

ニューヨーク 株

ニューヨーク 株式 市況

ニューヨーク ミュージカル

ニューヨーク ベビー

ジル スチュアート ニューヨーク

リトル ニューヨーク ドレス

ニューヨーク 時間

キングダム トラスト ニューヨーク

ニューヨーク 地下鉄

ニューヨーク 市場 株価

ニューヨーク ミニット

ニューヨーク 不動産

ニューヨーク 情報

ニューヨーク 市況

ニューヨーク ツアー

ニューヨーク タイムズ 記事

ニューヨーク メトロポリタン 美術館

ニューヨーク ランウェイ

[[ニューヨーク タイム
posted by 旅行好き at 19:42| ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨーク」でアマゾンを検索

ニューヨーク

ニューヨーク 旅行記

ニューヨーク wikipedia

バーニーズ ニューヨーク

グラマシー ニューヨーク

ニューヨーク ダウ

ニューヨーク グリル

ニューヨーク ホテル

トゥルークライム ニューヨーク

ニューヨーク タイムズ

ニューヨーク 地図

ニューヨーク シティー

ニューヨーク 観光

ニューヨーク ニューヨーク

ニューヨーク ハット

ニューヨーク チーズケーキ

ニューヨーク 旅行

ニューヨーク ドールズ

ニューヨーク 市場

ニューヨーク 州

恵比寿 ニューヨーク

リトル ニューヨーク

ニューヨーク 株式 市場

ニューヨーク 生活

ニューヨーク 株式

ニューヨーク 株価

ニューヨーク チーズケーキ レシピ

ニューヨーク ダウ リアルタイム

ニューヨーク 証券 取引所

ニューヨーク 自由の女神

ニューヨーク 恋人

トゥルー クライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク 土産

アメリカ ニューヨーク

ニューヨーク 大学

ニューヨーク タイムス

ニューヨーク モーター ショー

ニューヨーク ドール

ニューヨーク 写真

ニューヨーク 天気

スージー ニューヨーク

サマンサ タバサ ニューヨーク

トゥルークライム ニューヨーク シティ

ニューヨーク エリア ガイド

ニューヨーク 時差

ニューヨーク ヤンキース

ニューヨーク 掲示板

ニューヨーク 観光 ガイド

クロス フォー ニューヨーク

ニューヨーク 空港

ニューヨーク 夜景

ニューヨーク カフェ

ps 2 トゥルークライム ニューヨーク

バーニーズ ニューヨーク 銀座

ニューヨーク マンハッタン

パーク ハイアット ニューヨーク グリル

ニューヨーク 金 価格

ニューヨーク 風俗

グラン マシー ニューヨーク

ニューヨーク 航空券

ニューヨーク ダウ チャート

ニューヨーク メッツ

ニューヨーク レストラン

ニューヨーク 留学

ニューヨーク 近代 美術館

ニューヨーク 株

ニューヨーク 株式 市況

ニューヨーク ミュージカル

ニューヨーク ベビー

ジル スチュアート ニューヨーク

リトル ニューヨーク ドレス

ニューヨーク 時間

キングダム トラスト ニューヨーク

ニューヨーク 地下鉄

ニューヨーク 市場 株価

ニューヨーク ミニット

ニューヨーク 不動産

ニューヨーク 情報

ニューヨーク 市況

ニューヨーク ツアー

ニューヨーク タイムズ 記事

ニューヨーク メトロポリタン 美術館

ニューヨーク ランウェイ

[[ニューヨーク タイム
posted by 旅行好き at 19:41| ニューヨーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。